ホーム> 事業内容> 産油・産ガス国開発支援協力事業 > 技術共同研究事業
技術共同研究事業
85件中1~10件目を表示
実施年度 事業名 事業内容
平成29年度 アゼルバイジャン国営石油会社(SOCAR) とのIOR/EOR共同スタディ ACG鉱区外のSOCARが保有する陸上油田を対象に、SOCARが選定した4油田のデータの精度を勘案しつつ一次回収から三次回収まで幅広い視野にてスクリーニング作業を実施し、Block毎の地質・貯留層状況を把握した。次に、4油田のうち優先的に作業を実施する1油田を選定し、SOCARから受領した坑井情報や生産データ等をデータベース化した。また、当エリアにおいて油層(セクター)モデルを作成、当モデルを用いて各EOR手法によるセンシティビティスタディを実施した。
平成29年度 サハリン北東部における珪質岩探鉱ポテンシャルのロスネフチ社との共同評価 本事業は、珪質岩が大規模に分布するサハリン島陸域を対象に珪質岩を貯留岩とする探鉱ポテンシャルを評価するものである。29年度は、サハリンの珪質岩に関する情報を収集し、堆積盆モデリングパラメータに必要なデータを集め、これらのデータや情報に基づいて、シリカ鉱物が相転移する条件に達すると孔隙率-浸透率曲線をシフトさせることが可能なソフトウェアを用いて2次元堆積盆モデリングを行った。
平成29年度 エチオピア連邦民主共和国の石油システム評価 エチオピア国には古生代、中生代、新生代の堆積盆地が知られており、それぞれに石油システムが成立すると期待されている。29年度は、Abay堆積盆地における根源岩性状に関するデータの更なる拡充を図るとともに、地表油徴試料を用いた原油・根源岩対比を行い、原油を生成・排出する根源岩層準の絞込みを行った。また、既存重力データを用いたモデリングを行い、Abay堆積盆地の形態や堆積物の厚さの推定を行い、これらのデータを統合解釈し、堆積盆モデリングを実施した。
平成29年度 リビア国 シルテ第47鉱区 総合開発構想に関する技術層スタディ 28年度に実施した第47鉱区内のHaram油田、Bedaフィールドに関する地質評価作業に続き、29年度は両フィールドの地質モデル(数値モデル)の構築・更新、並びに油層評価を行った。
平成28年度 リビア国 シルテ第47鉱区(以下C47) 総合開発構想に関する地質・貯留層スタディ 日本コンソーシアムは、2009年よりリビア国 国営石油公社(以下NOC)とMOUを締結し、リビア国シルテ第47鉱区総合開発の共同スタディを実施してきたが、今年度は新たに取得された3D 震探データを用いて、開発計画策定のための増進採油貯留層スタディの基礎となる地質モデルの再構築を、優先度の高いHaram油田およびBeda油田について実施した。
平成28年度 地化学分析・評価に基づくエチオピア連邦民主共和国の石油システム評価 本共同研究は、同国における将来的な権益獲得のための有望地域を摘出することを目的とし、根源岩分析に基づいた石油システム解析を行い、対象とする堆積盆地の絞り込みを行った。 具体的には、10月30日から11月11日の約2週間、エチオピア人共同研究者5名を日本に招聘し、根源岩分析と石油システム解析を行った。共同研究のために鉱業省から提供された根源岩試料については、石油資源開発(株)技術研究所で分析した。
平成28年度 インドネシア国、東ジャワ・チェプー北方地域における石油システム評価(フェーズⅢ) 本スタディは、インドネシア共和国、東ジャワ州西部のチェプー(Cepu)北方地域における石油システム評価(フェーズI、II)を踏まえ、さらなる探鉱ポテンシャル検討のため、地下の集油ガス構造を炭化水素の直接的検知技術にもとづいて摘出し、事業参入価値の評価に資することを目的とする。マイクロシーページのサンプリング・解析技術を用いた地表地化学探査を実施し、フェーズIIまでのスタディ結果から有望視されている地域を対象に、炭化水素の移動・集積状況について、あるいはそれが油・ガスのどちらであるかなど、より精度を高めたスタディを行った。
平成28年度 バングラデシュ国石油探鉱鉱区でのプロスペクト・リードの評価、震探データのテスト再処理及び2D Basin Modelingの実施 BAPEX社がBlock 8北西部のリード1、2、20をカバーするエリアにおいて、①2.5kmメッシュで実施したInfill 陸上震探データの解釈、②1D/2D ベーズンモデリング、③震探2測線の再処理による相対振幅保存PSTMの作成という3つの技術課題解決の作業を実施した。本共同スタディは27年度と同様にダッカのBAPEXオフィスにおいて約1ヶ月間、Petrobangla/BAPEX /BPI/MOECOの探鉱技術者が共同で実施した。尚、震探測線の再処理に関しては、JGI社と契約し、再処理作業はJGI社東京本社において実施された。その際パラメーターテスト等のQC作業はJGI及びバングラデシュ技術者が参加するTV会議により実施された。 Hazipur-1とタイを取る事により、新規に取得された2D Infill陸上震探データにおいて6つの主要な地層境界面に対応する反射波が抽出された。各反射波に対応する時間構造図及び深度構造図をPetrel workstationを用いて作成した。
平成27年度 バングラデシュ国石油探鉱鉱区Block8&11における層序トラップに関する共同スタディ バングラデシュの陸上石油ガス探鉱鉱区であるBlock 8について、Petrobangla(Bangladesh Oil, Gas & Mineral Corporation)、BAPEX(Bangladesh Petroleum Exploration & Production Co. Ltd.)、BPI(Bangladesh Petroleum Institute)との間で、新規取得された陸上二次元震探データの解釈、構造及び層序トラップに関するリード抽出、シーケンス境界の抽出及びチャネル砂岩のトレンド解釈、新規取得震探データに対する最適なデータ処理ブロー及びパラメーターの設計に関する共同研究を実施した。なお、Block 8と共に共同研究の対象としていたBlock 11については、新規取得された陸上二次元震探データが同鉱区をカバーしていなかったため、実施が見送られた。
平成26年度 ベトナム国における二酸化炭素の胚胎予測の精度向上に関する研究 平成25年度に実施した事業によりソンホン盆地での二酸化炭素の胚胎を広域的に予測することが可能となったが、二酸化炭素の胚胎の可能性が高いと評価された場所でもガス層によっては二酸化炭素の含有量が少ないケースがあったことから、細かなガス層スケールでの評価方法を確立するため、ベトナム側のソフトウェア上に二酸化炭素の生成・移動モデルを再構築するとともに、精度向上を図るための機能の追加を行い、当該システムを検証するためにベトナム北部のソンホン盆地を対象にして評価を行った。