ホーム> 石油開発情報> 石油開発ニュース
Info

本記事は、石油開発情報センター(ICEP)が石油専門誌等の情報をもとにして、欧米を除く地域における石油開発関連の主要な出来事のうち、ホームページ上で確認できる情報に限定して掲載したものです。
ICEPはご提供する情報をできる限り正確にするよう努力しておりますが、その情報の正確性の確認及び採否は皆様の責任と判断で行ってください。また、本情報の利用により不利益を被る事態が生じたとしても、ICEPはその責任を負いかねます。
このファイルは、時系列あるいは国別に検索が可能です。

石油開発ニュース

9305件中21~30件目を表示
年月日 国名 タイトル
2014年3月7日 アメリカ (アメリカ)ブラジルPetrobrasは、メキシコ湾CascadeフィールドとChinookフィールドにおいて40,000BOPDの新規の生産量増を発表。
2014年3月4日 エチオピア (エチオピア)加Africa Oil Corp.は、Rift Basin AreaとAdigala Blockの権益をファームアウト。その結果、Rift Basin Areaは米Marathon Oil Corp.が50%の権益を、Adigala Blockはエチオピア New Age Ehiopiaが40%の権益を取得。
2014年3月4日 セーシェル (セーシェル)英Ophir Energyは、セーシェルで豪WHL Energyが100%保有するPEC-5B/1とPEC-5B/2の権益75%を取得。
2014年3月3日 パキスタン (パキスタン)加Jura Energy、陸上鉱区Badin Ⅳ Southで試掘井Haleema-1号開坑。計画深度1,807m。
2014年3月3日 タイ (タイ)豪Carnarvon Petroleum、タイ陸域鉱区で保有する権益40%のうち20%を新Loyz Energyへ売却。
2014年3月3日 ベトナム (ベトナム)加Talisman Energy、Block07/03で試掘井Silver Sillagoは失敗。堀止め3,537m。
2014年3月2日 コロンビア (コロンビア)加PetroNova、Caugan-Putumayo BasinのTinigua鉱区の権益を加Pacific Ruliales Energyにファームアウト。
2014年2月28日 パプアニューギニア (パプアニューギニア)パプアニューギニアOil Searchは、Elk/Antelope未開発ガス発見構造を含むPRL15鉱区の権益22.835%を取得するにあたり、InterOilに9億USドルを支払った旨、発表済であるが、PNG政府は同社の株を8.20A$/株で149.39百万株を取得することで合意した模様。
2014年2月27日 パプアニューギニア (パプアニューギニア)パプアニューギニアOil Searchは、英Pac LNG Group Companiesに9億US$を支払、Elk/Antelopeガス発見構造を含むPRL15の権益22.835%を取得。
2014年2月26日 インドネシア (オーストラリア)豪Woodsideは、同社が操業するPluto LNGプラントを通じ、韓国ガス公社(KOGAS)に2014年4月から3年間に亘って、最大220万トンのLNGを供給する販売契約に調印。

石油開発技術情報

2015年4月 石油開発技術情報2015-04を掲載しました

最近の石油・天然ガス探鉱・開発技術動向に的を絞り、雑誌、公刊文献、インターネット情報、石油・天然ガス探鉱開発に関わるコンサルタント提供情報をベースに技術的に注目されるトピックスを選び、レポートを掲載しています。
この石油開発技術情報はICEP賛助会員様を対象とした会員専用サイト限定にて公開しており, 会員専用サイトでは石油開発技術情報の内容を閲覧できます。
会員登録についての詳細はこちらからお問い合わせ下さい。