ホーム> 石油開発情報> 石油開発ニュース
Info

本記事は、石油開発情報センター(ICEP)が石油専門誌等の情報をもとにして、欧米を除く地域における石油開発関連の主要な出来事のうち、ホームページ上で確認できる情報に限定して掲載したものです。
ICEPはご提供する情報をできる限り正確にするよう努力しておりますが、その情報の正確性の確認及び採否は皆様の責任と判断で行ってください。また、本情報の利用により不利益を被る事態が生じたとしても、ICEPはその責任を負いかねます。
このファイルは、時系列あるいは国別に検索が可能です。

石油開発ニュース

9305件中61~70件目を表示
年月日 国名 タイトル
2014年2月5日 ナイジェリア (ナイジェリア)英Eland、陸域鉱区OML40のOpuama油田の生産を開始。権益NPDC55%オペレーター、Eland45%。
2014年2月5日 ペルー (ペルー)加Pacific Rubiales、Ucayali盆地Block131の試掘井Los Angels-1X号で軽質原油発見。オペレータ西CEPTA。
2014年2月6日 リベリア (リベリア)西アフリカを中心に活動する豪African Petroleumは、リベリア沖合のLB-08及びLB-09の2鉱区につき、探鉱第2フェーズを2016年6月11日まで2年間延長。
2014年2月6日 ブラジル (ブラジル)QGEP Participacoes SAは、Santos BasinのBS-4鉱区に位置するAtlantaフィールで最初の水平掘り坑井7-ATL-2HP-RJSを掘削し、良好な結果を得たと発表。
2014年2月4日 ナミビア (ナミビア)英Frontier Resources International、ナミビアのOwambo Basinに位置する1718鉱区の2012年1月~2016年1月までの探鉱期限を更に2年間延長。
2014年2月4日 アンゴラ (アンゴラ)仏Totalは、アンゴラ沖合の15/06鉱区の同社保有の権益15%を750万US$でSonangolに売却。これはTotal社がアンゴラに持つ他の鉱区17や鉱区32のCore資産に経営資源を集中させる方針の一環である。
2014年2月4日 オマーン (オマーン)マレーシアMasirah Oil、オマーン沖合のBlock50で油を発見した旨、発表。
2014年2月4日 ケニア (ケニア)オーストラリアFAR Limited、ケニアLuma Basinに位置するL6鉱区権益60%のうち36%をUAE Milio Internationalに売却。
2014年2月3日 オマーン (オマーン)BP、オマーン陸上掘削リグ3機建造を含む掘削契約を英サービス会社KCA Deutagと契約。最短5年契約で総額220百万ドル。
2014年2月3日 タンザニア (タンザニア)アイルAminex、Ruvuma鉱区のPSC義務作業の変更契約を合意、TPDCと調印。

石油開発技術情報

2015年4月 石油開発技術情報2015-04を掲載しました

最近の石油・天然ガス探鉱・開発技術動向に的を絞り、雑誌、公刊文献、インターネット情報、石油・天然ガス探鉱開発に関わるコンサルタント提供情報をベースに技術的に注目されるトピックスを選び、レポートを掲載しています。
この石油開発技術情報はICEP賛助会員様を対象とした会員専用サイト限定にて公開しており, 会員専用サイトでは石油開発技術情報の内容を閲覧できます。
会員登録についての詳細はこちらからお問い合わせ下さい。